マーダーミステリー『何度だって青い月に火を灯した』スペシャルチケット
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

マーダーミステリー『何度だって青い月に火を灯した』スペシャルチケット

¥28,000 税込

送料についてはこちら

  • 10月3日(土)昼公演

    SOLD OUT

  • 10月3日(土)夜公演

    SOLD OUT

  • 10月4日(日)昼公演

    SOLD OUT

  • 10月4日(日)夜公演

    SOLD OUT

  • 10月10日(土)昼公演

    SOLD OUT

  • 10月10日(土)夜公演

    SOLD OUT

  • 10月17日(土)昼公演

    SOLD OUT

  • 10月17日(土)夜公演

    残り1点

  • 10月24日(土)昼公演

    残り1点

  • 10月24日(土)夜公演

    SOLD OUT

  • 10月31日(土)昼公演

    SOLD OUT

  • 10月31日(土)夜公演

    SOLD OUT

■有村昆のエンタメ人狼から最新サービスが登場 映画コメンテーター有村昆率いるエンタメ人狼が参加型の映画、体験エンターテイメントの新サービスをスタートさせます 自らある物語の主人公となり、推理したり協力したりする感動の物語にぜひご参加ください。 ■マーダーミステリーとは 殺人事件が起こった舞台の登場人物の一人になっていただき、 ある者は真犯人を突き止めることを ある者は捕まらないように逃げ切ることを ある者は大切な存在を守ることを それぞれの目的を達成しながら事件に向き合っていく体験型のエンターテイメント 参加する映画 シナリオを一度体験すると全ての謎が明らかになるので ”一生に一度しかできないゲーム” という特徴になっております。 ■『何度だって青い月に火を灯した』ストーリー 20世紀半ば、イタリアのマフィアのボスが「大事な話がある」と関係者を食事会に招待した。 跡目を指名するのではと噂された食事会当日、ボスの遺体が発見された。 食事会に招待されたボスの弟や構成員、ボスの遺体のそばで気を失っていた縛られた男、ボスの妻や息子、客人として扱われている占い師、娼婦と様々な思惑を持つ7名が事件の容疑者となる。 ゴッドファーザーを越えるようなマフィアの愛憎劇 男の生き様か、女の意地か 最後に笑うのは誰だ 公式HP https://mpb.cosaic.co.jp/ プレイ人数:7人 プレイ時間:180分 メーカー:グループSNE ゲームデザイン:河野裕、黒田尚吾 ■あなたの役割は? ストーリーの中に登場する、あるマファイア組織の重要人物になっていただき、事件を解決に導いていただきます。 ■スケジュール 昼公演 12時45分 会場 13時00分 開演 16時00分 終演 夜公演 18時45分 会場 19時00分 開演 22時00分 終演 ※終演時間に関しましては前後する可能性がございます ※1人でも登場人物が欠けるとゲームができないため直前のキャンセル・遅刻・途中退出はご遠慮ください ※ZOOMでの開催となります。 PCでの参加が最適ですが、タブレット・スマートフォンでの参加でも問題ございません。 ※人狼の公式LINEからゲーム内で使用する情報を送信させていただきます。 チケット購入された方は下記のURLをクリックし、友達登録をし、フルネームを送信してください。 https://lin.ee/BFDYSla ※メモとペンをご用意ください ※一度体験した方は結末を知っているため参加することができません ※振替・キャンセルについて 1週間前まで・・・20% 3日前まで・・・50% 当日キャンセル・・・100% 別日程の振替は不可となります。ご了承下さい。